×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ラベルについて

第一章でGUIアプリの基盤となるウィンドウを作ったので、次はボタンやテキストボックスなどの、 ユーザーとの直接のインターフェースとなるコンポーネントについてみて行きたいと思います。
この章ではまず、ラベルについて解説します。

Swingにおいてラベルを表すクラスはJLabelです。
下記はラベルを表示するサンプルコードです。

import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JLabel;

public class Sample {
    public static void main(String[] args) {
        JFrame f = new JFrame();
        f.setSize(300, 300);

        JLabel label = new JLabel();
        label.setText("ラベル");
        
        f.getContentPane().add(label);
        
        f.setVisible(true);
    }
}

サンプルを実行するとウィンドウが表示され、その中にラベルという文字列が表示されます。

JLabelクラスの主な操作

表示文字列

ラベルに表示する文字列を設定するにはsetTextを使用します。

表示位置

ラベルの位置を設定するにはsetBoundsを設定します。